お知らせ

特集No2: 仁者長寿、君子譲人——斉白石篆書四言聯

 この聯句は《祀三公山碑》集聯より、斉白石は嘗て対聯作品を若干書いたことがある。89歳の時、呉作人に“仁者長寿、君子譲人”を書いた。91歳の時に書いた“丈夫能吐気、君子能譲人”は各オークション会場を賑わせた。とても洒落た表現の上、作品のサイズも若干大きくて珍しい作品となる。そして、仁者長寿、君子譲人は正に斉白石の座右銘であり、一生守り通す生き方でもあった。

 斉白石は34歳のときから篆書を習い始め、最初は篆刻を研究するのが目的であった。彼の篆書は匠心独創で剣の鋭さを呈している。《祀三公山碑》、《天發神讖碑》、《開通褒斜道刻石》、《曹子建碑》など非典型的な“奇古”作品は彼のインスピレーションの宝庫だったと言えよう。同時に、秦権、漢印、漢碑額より法を取り、最終的には独自の隷書の味わいに富んだ篆書を形成させ、凌利的かつ険絶的な篆書の美観を表現することによって、一種の奇崛辛辣且つ開合吞吐の新しき美の世界を広げた。

 斉白石は早年木工彫刻を学び、篆刻も得意で、鬼才の腕を持つ。李可染がこのような評価をしたことがある。“筆墨……最も良く語られるのは黄賓虹で、最も実践できたのは斉白石……斉白石の字は実に素晴らしい、その力は鼎を持ち上げられよう。”斉白石の晩年の篆書は大きく二種類に分けられる。一つは《祀三公山碑》より滲み出る古掘厚実さ、字体は篆隷の間に筆遣いで圓を方に化す。もう一つは《天發神讖碑》よりの延長、字形が痩長で筆の走り方が強健・鮮鋭である。

 斉白石のこの作品は第一類に入り、曲がりは頓筆または硬筆を使い、とても強い勢いを呈している、上がりと締めの筆扱いも位置や軽重を重要視している。例えば“子、寿、人”などの最後の一筆は潤から渋への変化が顕著で、これは墨が切れ始めの時、筆で生み出された、言わば ”飛白漏痕”の効果。作品を渾厚凝重の合間に洒脱超然の効果が見え、拡張力を感じさせる。

 注意に値する触れる価値のあるのは“子”の字。上方のあの一筆は普通の左から右へではなく、下へと引きながら幾度の頓筆の繋がりであって、実に味わいが深い。枯筆での”黒中残白”は正に人の髪に相似させ、このような破筆は鑑賞者に著名なローダンの「手」(両腕)を切り落とすことを連想させざるをえない。ローダンが精を尽くしてバルザックの彫像を作った。そのそっくりそのままさが絶賛され、人々は“この手が絶妙に真に迫っている!このような奇妙で完璧な手を嘗て見たことがない!”と絶賛。それを聞いたローダンが斧を手に毅然とその手を切り落としたのである。同様にはミロのヴィーナス。無数の彫刻家がその腕を復元しようと、ほぼ全員失敗に終わった。満ちた月は欠け、満ちた水は溢れ出す。斉白石はこの真髄を深く理解し、短い八文字で人々を憶測に翔らせるポイントを残してくれた。

 斉白石の芸術は豊満、溌剌そして意気込み高く、とても強い感染力と表現力を持っている。その篆書は正しく筆を刀に、墨を漆に転じさせたように、陽気な強健さに満ち溢れている。白石の芸術の風格はその年齢とともに、益々独立性と個性に成熟していく。90歳の高齢の時、彼はすでに心の欲すままでありながらも矩を守るという境地を超えた。彼が自らのことを「老萍は己のわが技を用いる」と言っていた。ここからこの芸術家の積極的な人生観、芸術観を察知することができる。



  此聯句出自《祀三公山碑》集聯,齊白石曾寫過若干幅類似的對聯,89歲時書“仁者長壽,君子讓人”贈與吳作人,91歲時書“丈夫能吐氣,君子能讓人”在各大拍賣場均有不俗的表現,此對聯尺幅頗大,尤為難得。可以說,仁者長壽,君子讓人正是齊白石的座右銘,也是他奉行一生的守則。

  齊白石約34歲開始學篆書,最初目的是為了研究篆刻。他的篆書匠心獨造,劍走偏鋒,《祀三公山碑》、《天發神讖碑》、《開通褒斜道刻石》、《曹子建碑》等非典型的“奇古”作品是他的靈感寶庫。同時,取法秦權、漢印、漢碑額,最終生髮出屬於自己的富於隸書味道的篆體,這種淩厲、險絕的篆書美感表現,開闢出一種奇崛生辣、開合吞吐的審美新世界。

  齊白石早年學習雕花木工,又擅篆刻,腕力指力超于常人。李可染曾評價“筆墨……講得最好的是黃賓虹,實踐最好的是齊白石……齊白石的字寫得很好,力能扛鼎。”齊白石晚年的篆書可分為兩大類,一類從《祀三公山碑》化出,古拙厚實,字體介於篆隸之間,用筆化圓為方;另一類從《天發神讖碑》伸發,字形廋長,行筆剛健銳利。

  齊白石的此件作品便是屬於第一類,轉折處多用頓筆及硬筆,有很強的勢道,注重起筆和收尾的位置、輕重,如“子、壽、人”等的最後一筆,從潤到澀變化非常明顯,這種在墨快用盡時於筆間產生的飛白漏痕,使作品在渾厚凝重間更體現出一種灑脫飄逸的效果,極具擴張力。

  值得一提的是“子”字,口的上方那筆,並不是普通的從左至右一筆寫就,而是由幾個往下的頓筆組成,實為耐人尋味,枯筆的黑中留白就像是人的頭髮,這種破筆不禁讓我們聯想到著名的羅丹砍“手”,羅丹曾精心創作了一尊巴爾扎克雕像,惟妙惟肖,人們紛紛贊道:“這手像極了! 我從來沒有見過這麼一雙奇妙而完美的手!”羅丹聽後猛然拿起斧子,將手砍掉了。同樣的還有米洛斯的維納斯,無數雕刻家競相復原雙臂,但皆以失敗而告終。月滿還虧,水滿則溢,齊白石正是深知這一點,而在短短八個字中留出一個引人猜想的亮點。

  齊白石的藝術飽滿酣暢、意氣縱橫,具有強烈的感染力和表現力。其篆書更是筆如刀、墨如漆,硬朗的陽剛之氣撲面而來。齊白石的藝術風格隨著年齡增長更趨於獨立化與個性化,而九十歲的高齡早已超越從心所欲,不逾矩的狀態,他自稱是“老萍自用我家法”,反映出了這位平民藝術家積極的人生態度、藝術態度。