オークション規約

関西美術競賣株式会社(以下、弊社)が行う美術品の競売(オークション)は本規約に従い行われる。弊社に販売を委託する者、買い受けの申出(ビッド)をする者、弊社との間で売買契約が成立した者その他関係者はこの規約を承認し、本規約に従わなければならない。但し、弊社との間で別途の合意をした場合は弊社とその合意をした者との間ではその合意が優先する。

第一条 原則

① 弊社は、公開オークションであり、参加希望者は原則として事前に申し込むか、当日受付にて会員登録をすれば自由に参加することができるものです。
ただし、弊社は独自の判断で理由を通告なしに、競売参加を拒否する権限を有し、必要に応じて本規約を変更できるものとします。

② オークションへの参加者は、必ず本規約を通読し、規約に定められた内容に無条件で従い、本規約を遵守する事を参加資格と致します。
当オークションに関するすべての権限は、弊社に帰属するものとします。

③ 弊社は、出品作品の真贋について一切の責任を負いません。買受を希望する際には、自己判断において、買受の申し込みをお願いします。

第二条 カタログ

① 弊社は、オークション参加希望者に対して、商品の掲載されたカタログを作成します。当カタログは参加者にとって各商品の参考となるべく作成されるものであり、そこに掲載されている写真および説明については、あくまでも弊社の評価であり、売買の根拠をその表記によって何ら保証するものではありません。よって、カタログ掲載の内容について弊社は、何ら法的義務を負うものではありません。また写真の掲載についても、現物の色調や色彩、欠落などを正確に伝えるものではありません。

② 当カタログに記載された内容は、事前の予告なく変更される場合があります。この場合は、オークション当日に書面や口頭にて変更内容をお知らせします。またこのような状況が発生した場合は、変更後の内容にてオークションを行います。

③ カタログは出品商品の完全な情報を伝えるものではないことを踏まえた上で、ご参加頂きますようお願い申し上げます。したがって参加者の方には、可能な限り下見会に参加し、購買希望作品をご自身で確認し、自らの責任と判断で購入されますことを強く推奨いたします。また落札後のカタログ掲載情報と落札品との差異を理由とする売買契約の解消には応じられません。

第三条 会員登録等

① 参加希望者は、あらかじめ弊社に対して、身分を証明する証明書(免許証、パスポート等)を提示し、現住所・氏名等、弊社の指定する項目に記載された書面に必要事項を記入し、会員登録を行う必要があります。

② 参加希望者は、事前または当日、会場受付にて、保証金(預託金)500万円、また夜間競賣の瓷雜、及び一部書画の作品へ入札される際は、保証金(預託金)1800万円を預け入れる必要があります。
弊社は預託金と引き換えに預り証を発行し、預託者にパドルをお渡しします。預託金の返却は、預託者本人がパドルを返却する際に預り証と引き換えに行われます。なお預託者と預り証の返却者が異なる場合、また預り証を紛失された場合等、弊社が預託金の返却を行うに足るべく理由が整うまで、その預託金は弊社が保管するものとし、預託金返却までの間、預託金に利息はありません。

③ いかなる場合でも弊社は、参加者がオークション運営に支障をきたすと判断した場合、了承なく参加の登録を拒否および解除することができます。

第四条 会場のルール

① 下見会、オークションでの写真、映像撮影および録音行為を禁止します。

② 下見会並びにオークション会場において公共の風紀を乱す言動、挙動をされる方は退場していただきます。

③ 下見会は原則としてオークション前日に行います。下見会場や具体的な期日、詳細については、その都度弊社がホームページやパンフレットにてお知らせ致します。下見会では可能な限り、実物調査に役立つようなサービスを心がけます。しかし出品作品に損傷を伴う調査作業はお断りします。

④ 下見会場への入場希望者に対して、弊社では氏名その他身分を明らかにすることを求めることが出来、身分証明書等の呈示を求めることがあります。弊社の裁量によって、理由を告げることなく、下見会場への入場を拒否することができます。

第五条 オークションの運営、ルール等

1.会場での参加

① オークション会場へは、原則弊社の招待客、およびその紹介がある方に限り入場することが出来ます。パドルはオークション終了までに必ず受付にご返却ください。

② 円滑なオークション進行を図るために、弊社独自の判断により理由を告げず、すべての入場者に対して会場への入場を拒否する権利を有します。

③ オークショニア(競売人)には、オークション会場における自由な裁量によるオークションの運営を一任するものとします。それは競り売りにおけるスタート価格の決定、競り上がり価格の幅の決定、落札者の決定、拒否などについての裁量を指し、参加者を含む関係者は全てオークショニアの裁定に従わなければなりません。

④ オークショニアが最終的に最高額入札者と認定した参加者が落札者となります。オークショニアはハンマーを打ち下ろして落札者を決定します。この時点で弊社を代理人とする売主と落札者との間において売買契約が成立します。落札者は落札後に弊社規定の落札確認書に署名していただく必要があります。ただし落札確認書の記載に不備があった場合でも売買契約の成立に変更はありません。

⑤ 弊社が行うオークションは、競り売り方式で行う参加者登録制によるオークションです。購入の申し込みには、当日弊社が配布したパドルを上げることにより行われます。参加者は会場を退場する際に、必ずパドルを弊社に返却する必要があります。弊社は落札者からロット番号1件につき、ハンマープライスの18%を手数料として申し受けます。その際の手数料には、消費税が別途加算されます。

⑥ パドルの他人への貸し出しは禁止です。参加登録者が勝手にパドルを貸し出し、その貸し出された者が落札した場合には、参加登録者が落札代金全額を支払う義務があります。

⑦ 弊社は、オークション後の商品に対する他社からの売却等に関する依頼を受けることはありません。また、売買契約が成立した後であっても、弊社の事情を優先して当該契約を解除することができます。その際、理由の開示義務はありません。

2.不在入札による参加

① オークションには当日会場での参加をお勧めしていますが、会場に来場できない方も、文書送付または電話による入札参加が可能です。弊社は如何なる場合においても入札を拒否する権利を有します。

② 書面による入札希望の方は、規定日までに保証金(預託金最高限度額合計の2分の1。弊社が確認できる残高証明をご提出ください)をお振込み頂き、所定の期日までに登録を済ませて下さい。登録された方には登録者番号をお知らせ致します。規定日までに預託金の入金が確認されない場合は無効となります。オークションカタログ巻末の委託入札依頼書を郵送、E-mailまたはFAXで送付して頂き、送付後必ず弊社が参加を受け付けたかの確認を電話等で行ってください。

③ 会場直通の電話を通じて入札に参加することが可能です。弊社スタッフの人数および電話回線には限りがありますので、オークション開催規定日までに、弊社に電話入札参加希望の旨をお申し出ください。また電話による入札希望の方は、規定日までに保証金(預託金1500万円。ただしご希望点数・金額に応じて増額の場合有。弊社が確認できる残高証明をご提出ください)をお振込みいただき所定の期日までに登録を済ませてください。登録された方には登録者番号および入札用の電話番号をお知らせいたします。規定日までに預託金の入金が確認されない場合は無効となります。詳細はお申し込み時にご確認ください。なお、以下のような理由により購入希望の落札ができなくても、弊社は一切の責任を負いません。

Ⅰ. 回線等機械のトラブル。
Ⅱ.該当するロット競売時に何らかの理由で申込者と連絡が取れなかった場合。
Ⅲ.会場での競り上がりに対応しきれずオークショニアからそれ以上高額での入札意思がないと認定された場合。

第六条 落札と支払い

① オークション後の決済は、開催日の当日、日本円にて現金または所定のカードによるものを原則とします。さらに弊社が認めた場合に限って、後日振込みによる決済を行って頂きます。その際の支払いは7日以内にお願い致します。支払先口座等については、事前に確認していただくか当日受付にてお尋ねください。落札者が弊社に支払う購入代金は、落札したロットのハンマープライスに本規約の「第5条の1.会場での参加」に規定された手数料、およびその手数料にかかる消費税を合計した総額となります。後日振込み支払いの場合、振込み手数料は落札者の負担となります。支払期限を過ぎても入金されない場合は、一日あたり支払うべき金額の0.1%の遅延利息が加算されます。

② オークショニアにより最高額入札者と認定された者の落札はいかなる理由によってもキャンセルすることはできません。ただし弊社がキャンセルを認めた場合には、落札価格の30%がペナルティとして落札者に課されます。話し合いによる解決が困難な場合には法的措置によって処理することになります。訴訟にかかわるすべての費用は、落札者の負担となり、会員登録の抹消ならびに今後の参加は禁止致します。

③ 落札が完了し、ハンマープライスが決定した後、弊社ではいかなるクレームも受け付けません。

④ オークション会場にて成立した売買契約の落札額合計が1億円を超えた入札者の入札資格は一時的に停止となり、入札者は落札額の全額を清算した後、入札権利が回復します。

第七条 商品受取

① 落札作品の所有権は、購入代金の支払いが弊社にて確認された時点で落札者に帰し、落札された商品の引き渡しにより売買は完了します。落札商品は、清算後に引き渡されます。

② 売買成立の時(競売人が最高額買い受け人としてハンマーを打った時点)以降、商品の危険は落札者の負担とします。(当社の責に帰すべからざる事由による滅失、紛失、盗難、毀損、汚損は落札者の負担とします。)

③ 落札者が購入代金等の支払いを完了し、かつ、弊社が商品を落札者に引渡すまでは商品の所有権は落札者に移転せず、落札者が購入代金等を完済した後、弊社が商品を落札者に引渡した時点で当該商品の所有権は落札者に移転とします。

④ 弊社が落札者に商品の引渡しをする以前に、商品について、盗品、遺失物として真正な所有者と主張する者から返還請求があった場合または法律の定めによる売買禁止物(所持の禁止を含む)であることが判明した場合、弊社は無催告で売買契約を解除することができます。この場合、弊社が落札者から購入代金の支払いを受けているときは、これを無利息で返還するものとし、落札者は弊社に対し、損害賠償その他の請求をすることができません。

⑤ 落札者は弊社に対し、引き渡しを受けた作品のキャンセルを行う事はできません。また引き渡しを受けた作品について商品違いや汚れ、傷、破損等の瑕疵がある場合、如何なる主張もクレームも行う事はできません。

⑥ 弊社が万一誤って作品をお渡しした場合、落札者に対してその作品の返還を請求することができます。この場合、落札者は速やかにこの請求に応じて作品を返還しなければなりません。

⑦ ワシントン条約で保護されている動物を使用した作品は海外に持ち出しすることはできません。 (象牙、珊瑚等)

第八条 売主に対する手数料 【出品者用の規約】

● 弊社は、売主が委託した出品作品について、1ロットにつき、ハンマープライスの12%の手数料(消費税別)を頂くことになります。

第九条 委託から入金までの流れ 【出品者用の規約】

1.登録

● 出品者として弊社が行うオークションに出品する際には、まず弊社に登録をして頂きます。 登録方法については、弊社の担当者にお申し出ください。

2.出品希望作品の情報提供

● 出品希望の作品に関する必要と思われる情報(種別、作品名称、サイズ、状態など)および画像(品物を目視確認できる写真など)をお送りください。なお、受け付け締め切りは、概ねオークション開催日の約70日前ですが、諸事情により早く締め切る場合もあります。

3.エスティメート価格(予想落札価格)設定

● お寄せいただいた作品情報と写真等を検討して弊社で参考となるエスティメート価格をご連絡します。 それに対し、売主の異存がなければ出品となります。なお、この場合のエスティメート価格は実際にオークションで売買される価格を保証するものではありません。

4.リザーブ価格の設定

● 売主は、出品作品ごとにリザーブ価格を設定することができます。その際、弊社の同意が必要となります。 なお、リザーブ価格は弊社によるエスティメート価格を下回ることはできません。

● 弊社は、最低売却価格が設定された場合は、最低売却価格を下回る価額で商品を売却しない。

● 一旦設定された最低売却価格は弊社の同意のない限り変更することができない。

5.氏名の不公表

● 弊社は、販売委託者の同意のない限り、競売またはカタログにおいて販売委託者の名前を公表しないものとする。

6.出品作品の確認・確保

● 上記までの過程で、基本的合意に至った際には出品作品を、売主の費用負担にて弊社の指定する受付窓口までお送り下さるか、またはご持参ください。作品到着後、弊社にて出品条件等の確認、作品の検品、調査の後、カタログ掲載の作業へと進行致します。その際、出品者には「出品申込書」を弊社に提出していただき、弊社は「預かり証」を発行致します。出品者は「預かり証」を、弊社は「出品申込書」を受け取ると共に、これをもって弊社オークションへの出品合意が成立したものと致します。 出品作品は到着から落札者に引き渡されるまで弊社において保管することとなります。また、鑑定等により、出品の取り消しや出品の先送りとなることもあります。

7.カタログへの掲載

● カタログへ掲載する際の撮影、原稿作成等はすべて弊社にて行い、カタログ掲載に関する写真費用の負担については、出品作品が落札された場合に限って売主が負担するものとします。(不落札作品については負担の義務はありません)なお、この負担金は写真費用相当額とし、掲載サイズについては弊社に一任させていただきます。

8.売買契約の成立

● オークションでオークショニアがハンマーを打ち下ろした時点で弊社を代理人とする売主と落札者との間において売買契約が成立します。

9.売却代金のお支払い

● 売主に対する売却代金のお支払いは、落札者からの入金を確認後、オークション開催後の35日以後になります。これをもって売買契約は完了となります。複数作品を出品されて落札者が複数である場合は分割してお支払することもあります。

10.不落札の場合

● 不落札作品については、再競売に出品するか、返却するか、出品者ご本人がお決めになれます。
返却の際に送料は出品者のご負担となります。オークション当日に弊社のスタッフに必ず不落札品の処遇についてご相談ください。ご相談なく品物が残った場合は、保管料などを支払うものとし、其の他のリスクも出品者の自己責任といたします。保管期間内に起きた地震、洪水、台風などの天災による保管出品作品の汚れ、傷、破損等に関して弊社は一切の責任を負いません。

第十条 売主責任に関する事項 【出品者用の規約】

1.出品作品の所有者要件

● 売主は、出品作品の完全な所有者であること、または完全な所有者から法的に全権を委任された代理人であることが必要です。万一、出品作品について第三者の権利が付与されている事実を隠蔽して出品した場合、売主は弊社または落札者に対して、生じたあらゆる出費や損失について補填しなければなりません。

2.事実の情報を提供する責任

● 売主は、出品作品に関する情報について、弊社に対して知りうる限り事実の情報を伝えなくてはなりません。万一、売主から伝達された情報に意図的な虚偽があり、それがオークション前に発見された場合は、弊社は一方的に出品を取り止める事が出来ます。また、通常の事前調査では発見不可能な上記情報に関する事実、欠陥、傷、破損等が隠蔽されたまま出品作品がカタログに掲載され落札された場合は、弊社または落札者は売買契約を破棄いたします。当該作品を返却するだけではなく、そのことによって生じた如何なる損害についても、売主に請求する権利を有します。

3.故意の競り上げ行為の禁止

● 売主は自分が出品した作品の落札価格を競り上げるために、売り主自身、または第三者を使うなどして、オークション会場で入札することはできません。

4.出品の取り消し

● 売主は、出品作品が掲載されたカタログ完成以降の出品取り消しはできません。ただし、弊社が特例として認めた場合のみ、別途規定の取り消し料の入金をもって作品の出品を取り消すことができます。なお、取り消し料の入金が競売日前日までに確認できない場合、出品取り消しの意思がないものとみなされます。

第十一条 出品作品売却に関する弊社の権限 【出品者用の規約】

1.カタログに関わる権限

● カタログの編集について、掲載する情報の表示、写真の掲載方法、ロット番号の付与、掲載順等に関する一切の権限は、弊社に帰属します。売主には事前閲覧の権限はなく、カタログに関わるすべての著作権も同じく弊社に帰属します。

2.競売方法についての権限

● 弊社は、下見会での展示方法、競売の開催場所と方法、落札者の決定についてのすべての権利を有します。

3.不落札の場合

● 弊社は、如何なる場合においても、売主に対して不落札作品のエスティメート価格に相当する代金を支払うなど落札相応の結果を保証する義務はありません。

第十二条 落札者の債務不履行

● 落札者が支払期間内に購入代金等の全額を支払わないときは、次の各号の定めに従う。

1. 落札者は、支払期間終了日の翌日から購入代金等(諸費用を含む)の支払済みに至るまで、購入代金(消費税分を除く)の未払残金について年18パーセント(消費者契約法が適用される場合には、年14.6パーセント)の割合による遅延損害金を支払わなければならない。

2. 支払期間終了後の商品の保管は、弊社の裁量により、弊社が適当と認めた方法で保管するものとし、落札者の引取り以前に商品が滅失、紛失、盗難、毀損、汚損した場合、弊社は弊社の故意または重大な過失によるものである場合以外、一切その責任を負わないものとし、落札者は購入代金等の支払いの義務を免れない。弊社は、この間、当該商品に保険を付す義務を負わない。

3. 弊社が落札者に購入代金等の支払いを催告しても支払わない場合、弊社は売買契約を解除することができる。但し、弊社に登録または通知のあった落札者の住所に送付した催告状が受取人不在、不明で返送された場合、または、落札者が催告状の受取りを拒否した場合は、催告状が落札者に到達しなくても解除することができ、この場合、弊社が弊社に登録または通知のあった落札者の住所に解除通知を発送した時点で売買契約は解除されたものとみなすものとし、落札者は予めこれを承認する。

4. 売買契約が前号により解除された場合、弊社は商品を最低売却価格を設定することなく競売または随意契約により第三者に売却することができる。この場合、この競売または随意契約による売買代金ならびに第6条に定める弊社の手数料及び当社の手数料に対する消費税相当額の合計額が購入代金を下回る場合は落札者は当社に対しその差額及びその差額に対する、この競売または随意契約の日から支払い済に至るまで年18パーセント(消費者契約法が適用される場合には、年14.6パーセント)の割合による遅延損害金を支払わなければならない。逆に上回った場合は、その差額について落札者には一切請求する権利はない。

5. 本条において、消費者契約法第8条ないし第10条に該当する場合には、本条に優先して消費者契約法の定めを本規約第十八条に従い適用するものとする。

第十三条 規約の変更

● 弊社は、本規約を変更することができるものとし、この変更は、競売人が競売の日における最初の商品の競売に着手する直前に口頭で述べることによって行い、その変更はその時から効力を発する。

第十四条 債権の譲渡等の禁止

● 本規約に基づく弊社に対する権利、地位は、譲渡することができず、及び担保に供することはできない。

第十五条 責任の範囲

● 弊社は、本規約に弊社が責任を負わないことが定められている場合は、いかなる理由があっても、損害賠償の義務を負わない。

● 弊社は、損害が天災、地変、戦争、変乱、核燃料物質、争議行為に起因する場合は、一切の損害賠償の義務を負わない。

● 弊社が落札者に対し商品の保管の義務を負う場合であって前各項に規定する場合以外の場合に、弊社の軽微な過失により、商品が滅失、紛失、盗難、毀損、汚損した場合は落札者との関係においては次の規定に従う。

1. 商品が滅失、紛失、盗難及び重大な毀損、汚損をした場合は、弊社と落札者との間の売買契約は当然に解除され、落札者は購入代金の支払を免れ、弊社は購入代金を既に受領している場合はこれを無利息で返還する。

2. 商品が重大でない毀損、汚損をした場合、弊社は落札者に対し、売買価格(落札価額)に対する毀損、汚損にみあう損害額の割合の分だけ売買代金を減額するものとする。

3. 毀損、汚損については、落札者が立証責任を負う。

4. 弊社は、額縁及びガラスについては、弊社の故意または重大な過失によるものである場合以外、一切の保管の責任を負わず、滅失、紛失、盗難、毀損、汚損の責任を負わない。

5. 弊社が支払う損害賠償の額は、弊社が損害保険会社と締結する損害保険契約に基づき支払われる保険金をもってこれに充てる。

● 弊社は、前各項に規定する場合以外の場合については、故意または重大な過失がある場合以外は、一切損害賠償の責に任ぜず、故意または重大な過失がある場合においても損害賠償の範囲は通常の損害のほか故意または重大な過失があった時点において予見可能であった損害賠償の範囲に限られる。

第十六条 オークション資格

● 弊社は、以下の事由に該当する者に対して一切の取引に応じないものとし、また、以下の事由に該当する者であると判明した時点以降は、一切の取引を行わない。

1. マネーロンダリング等の行為を目的とする者、反社会的勢力等違法・不当な方法、暴力的威力、詐欺的手法を駆使して資金獲得活動を行う者及び勢力またはその関係者(以下「反社会的勢力等」という。)

2. 反社会的勢力等を同伴してオークションに参加する者または紹介により反社会的勢力等をオークションに参加させようとする者

3. 役員のうちに反社会的勢力等に属する者がいる法人

4. 弊社との取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる者

5. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて弊社の信用を毀損し、または弊社の業務を妨害する行為等をする者

6. オークション規約等弊社の定める規定に従わない者

7. 弊社は、前項各号に掲げるほかこれらに類するやむを得ない事由があると判断した場合には、当該事由に該当する者との取引を中止することができる。

第十七条 準拠法

● 本規約は、日本法を準拠法とし、日本法により解釈されるものとし、本規約に定めがないことについては日本法によるものとする。

第十八条 消費者契約法

● 本規約と消費者契約法の間では、消費者契約法が優先する。本規約の運用上、消費者契約法の適用が認められる場合には、弊社は、民法その他の法令に従い本規約を読み替えて適用するものとする。

第十九条 合意管轄

● 本規約に関する紛争は全て、日本国の大阪地方裁判所及び大阪簡易裁判所を専属の合意管轄裁判所とする。